幼稚園の魅力

幼稚園は子どもが初めて出会う「学校」です。

「遊び」を通して楽しく学び、心豊かに成長し、一人ひとり彩り豊かな自分の華を咲かせてほしい。大切な幼児期を過ごす環境として幼稚園への入園を検討してみませんか?

遊びって何だろう

「遊び」は自らが楽しんで行う自発的な行動です。「これって何だろう?」「どうなっているんだろう?」という興味や関心が広がれば、子ども達は自ら進んで探求をはじめます。 幼少期に大切なのは知識や正解を学び正しく導き出せることよりも、世界に興味を持ち意欲的に取り組むことができる環境との出会いなのです。

幼児期は根っこを育てる大切な時期

創意工夫・積極性・粘り強さなどの
見えない力(非認知能力)を育てていきます。

遊びの中で、子どもたち自身が答えを
導き出せるよう言葉掛けをしています。

幼児期は、知識を教えられて身に付けていく時期ではありません。
「遊び」という心も身体も動かす主体的な体験を通し
創意工夫・積極性・粘り強さなどの「見えない力(非認知能力)」を育てていきます。
この力は、小学校以降、読み書き・計算・知識などの「見える力(認知能力)」を伸ばす基盤となります。
幼稚園では、先生たちは子どもたちが遊びに没頭できるような環境を整え、
遊びの中で、子どもたち自身が答えを導き出せるように言葉掛けをしています。

幼稚園ってどんなところ?

遊びのための
豊かな環境

子どもにとっては園舎や園庭も教材の一つです。 安心して遊ぶことができる園庭がすぐそこにあるのは幼稚園の魅力の一つです。

季節の行事や
イベントが充実

日常生活では得ることができない感動や驚きがたくさん。 子どもたちにとって大きな体験となります。

免許を持った
「先生」の担任制

幼稚園は、ただ子どもを預かる場ではなく、小学校と同じ「学校」です。 各園の教育方針も様々です。ご家庭の方針に合った教育を受けられます。

我が家は共働きだから幼稚園は、と思っていませんか?

預かり保育について

様々なライフスタイルのご家庭が増える中、幼稚園は保育時間の前後・長期休暇中の預かり保育の充実を図っています。(※園により異なります。)特に短時間の就労(パートなど)をお考えの場合、幼稚園は有力な選択肢となります。そして、保育を必要とされる方へも私立幼稚園が長年培ってきました幼稚園教育をお受け頂ける様変化してきました。

 また、小規模保育所との連携も少しずつ始まり、2歳までは家庭的な小規模保育所で過ごし、そして3歳からは幼稚園+預かり保育によって、様々なニーズへお応え出来る環境が整って参りました。

幼稚園の一日

内容は各園により異なるので、あくまでも一例です。
預かり保育の実施状況や保育時間は幼稚園によって異なります。

クリックして画像を拡大

Photo Gallery

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •